ホーム » 伊丹空港

伊丹空港」カテゴリーアーカイブ

飛行機撮影 伊丹空港 エアフロントオアシス下河原 フォトムービー

2017年3月の伊丹空港の北側にあるエアフロントオアシス下河原での飛行機撮影で撮った写真のフォトムービーにしてみました。
エアフロントオアシス下河原の記事はこちら→ 飛行機撮影 伊丹空港 エアフロントオアシス下河原 2017年3月①

飛行機撮影 伊丹空港 千里川土手 2017年3月③


伊丹スカイパークを後にしランチしてから向かった先は・・・千里川土手
そう、かの有名な飛行機撮影の超人気スポットです。
有名飛行機写真家をはじめ、飛行機撮影愛好家たちに愛されてやまない鉄板スポットです。
途中、急な雨に見舞われながら、下河原やスカイパークとは打って変わった曇り空(最後は結局本降り‥)にもめげず、迫力の写真を収めたくシャッターを押し続けました。

ここでは満を持してNikon AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VRを装着。

我ながら「迫力感」のある写真が撮れました。
その迫力感をお楽しみください。

千里川土手は、伊丹空港の南側に位置し、離着陸機をガッツリ収めることができますが、道路からもかなり離れていてとても分かりづらい場所にあります。
最寄り駅「曽根駅」という駅からもかなり歩きそうな感じです。千里川土手への行き方(地図・豊中市HPより)

なかなかコインパーキングが見つからず右往左往していましたら、こんなところにタイムズのコインパーキングが!
タイムズ豊中勝部1丁目
タイムズ豊中勝部1丁目第2
都内でもよく利用するタイムズ駐車場があるなんて、ラッキー☆
※上記の駐車場情報は2017年3月現在のものです。最新の周辺駐車場情報はタイムズ駐車場をはじめ、現地のコインパーキング情報を各自でご確認ください。

無事コインパーキングを見つけられたので、必要機材と・・・この時点では晴天でしたがレインコートを兼ねたウインドブレーカーを片手にいざ千里川土手へ!!

小さな子供連れのママさんもちらほら見に来ては、スマホでパシャリとしていました。
そんな光景を横目に誘導灯の真横に到着するや否や、どんどん離着陸機が現れます。

まずは離陸のJ-Air機から。

お~~~~~!これが見たかったんだよねぇ!
この光景はまず羽田や成田ではほぼ難しい構図なのです!
※しかし成田空港ならこれに近い構図のスポットがあるようです。チェックして攻略予定!

感動している最中にも、どんどん着陸機が現れます。

上の機体を撮影し終わったあたりで、空からポツリポツリと・・・。
慌てて子供連れのママさんたちが退散していきます、汗。
でも、まだ本降りではないので、(持ってきておいてよかったぁ~・・と思いながら)ウインドブレーカーを羽織り、
カメラにも雨よけを装着し次の機体を待ちます。

そうすると、迫力の大型ANA機が目前に!
それでは迫力に押されながら撮り続けたANA機をご覧ください。

ニコンカレッジD7200デジタルメニュー講座で、講師の先生から「飛行機は”鉄感”を出せると迫力が出るね」ということで、「シャッタースピードには念入りに気に掛けると良い」といったことを教えていただけましたので、それを少なからず当てはめながら撮影。

天候条件も悪く少し暗めになってしまいましたが『迫力感』といいますか、男っぽい写真にはなったかなと感じています。
飛行機の艶感といい、いわゆる先生がおっしゃる鉄感といい、うまく出せたかなと我ながら思っています。

でも、そんなこんなしているうちに雨足が・・・強くなってくるような感じ、汗。

もう少し粘りたい!と次なる被写体となる離陸機が。
雨足が一旦落ち着いたところでシャッターを再開。

尾翼エンジン機が離陸サイン待ちで滑走路にスタンバイ。

管理人はなんだかんだ「尾翼エンジン機」のスタイルが、図らずも気に入っているみたい。
未だにこの一枚をスマホの背景画像にしています。

迫力に押されっぱなしの中、雨が本降りに・・・。

雨で雲が完全に厚くなり、思うような光量が得られません、涙。
何枚か収めたところで、泣く泣く撤収します。
帰りの東京便の時間も考慮する必要があるとはいえ、コインパーキングにも無事駐車できていたので、
もう少し収めたかった。。。

でも腕を上げてまた次回!再訪したいと思います、千里川アゲイン!
今度は泊りがけでくるぞ~~~~。



最後までご覧いただきありがとうございます。

Nikon AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR

Nikon デジタル一眼レフカメラ D7200

error: © GrandeFlight