ホーム » 星空撮影

星空撮影」カテゴリーアーカイブ

飛行機撮影 羽田空港 ターミナル夜景 2017年8月

今回は羽田空港のターミナルで空港の夜景を撮りました!!

夜景には欠かさず持参するのが、単焦点で一番のお気に入りのNikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
明るく撮れるNikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gは夜景撮影の必需品です。

東京国際空港(羽田空港)旅客ターミナルは、都内に住む・・・いや、首都圏に住む・・・いや、全国の飛行機撮影フリークには外せないスポットの一つです。国際線ターミナルも撮影にもってこいのポイントがかなりあります。

しか~~し・・・今回は仕事の後の時間に出かけたこともあり、第1ターミナルと第2ターミナルのみでの飛行機撮りとなりました。

まずは第2ターミナル
FLIGHT DECK と呼ばれるターミナル4階に行くと、キレイなイルミネーションで彩られたデッキが左右に設置されている、言わずと知れた有名な飛行機撮りスポットです!

はじめに、ANA機が駐機するエプロンを撮影。787をはじめ、様々駐機しています。

◎シャッター優先モード
◎シャッタースピード1/200秒
◎露出補正+2
で調整しながら撮影。

多少光が強めに出ていますが、管理人的には好みの光加減です。

今度は違う角度から駐機中の機材を撮影。
こちらは以下の設定。
◎シャッタースピード1/250秒
◎露出補正+3段
逆にちょっと暗めでした。。。

こちらはターミナルセンター寄りに駐機する機材。
お行儀よくキレイに駐機されています、(笑)。
上の写真と同じ設定ですが、逆に光加減はいい感じです。
・・・でももう少ししっかりホールディングできればさらに◎。
そういえばターミナルのデッキは基本的に三脚はNGだったですよね~~~。
夜だから隠れて使える・・・わけないかっ。

以下の写真は積荷中の機材で、こちらは露出補正を+4段にしてみました。
まあ悪くないかな、(笑)。

でも何といっても以下の二枚が今回のお気に入りです!!

こちらは以下の設定。
◎シャッタースピード1/125秒
◎露出補正+4.3段
露出を上げ目にして、シャッタースピードも早くした!
なんかしゃきっとした感じです◎。

こちらは第1ターミナル
横長で広々とした第2ターミナルに比べると、第1ターミナルは”より円熟した大人の空間”といった感じです。
第2ターミナルほど撮影ポイントがあるわけではありません。
こちらはNikon AF-S DX ED 18-140mm F3.5-5.6G VRに付け替えています。
ずっとNikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gで撮影していた感覚がぬぐ切れないのでしょうか。
加えて、あまり多くの時間撮影することはできず・・・大してイイ感じの写真が撮れず仕舞い・・・・気に入ったのはこの一枚だけです。

◎絞り優先モード
◎絞り値f/4.5
◎シャッタースピード1/8秒
◎露出補正+0.3段

絞り値をf/3.5にすると、誘導灯のイルミネート感が今ひとつだったのでf/4.5にしてみたところ、まずまずでした。

今回の撮影をフォトムービーにしていて、こちらの記事でも紹介しています。
飛行機撮影 羽田空港 ターミナル夜景 フォトムービー

この後、自宅に戻ってみましたところ、D7200のセンサーにチリが付いていることが判明、涙。
とりあえずNikonの修理に出してクリーニングしてもらうことにしました・・・(入院)。
9月下旬には戻ってくることになっているのだが・・・・。

最後までご覧いただきありがとうございます。

Nikon 1 J5で星空撮影 ハレアカラ山頂 マウイ島2017年5月

ハレアカラ山頂 サンセット マウイ島2017年5月に続くは・・・
Nikon1 J5で星空を撮影しました☆☆☆

私の主な被写体はなんといっても『飛行機』。しかし今回はハレアカラの360度ビューの美しい星空を撮影しました。
私の愛用カメラNikon D7200は「APS-C」というサイズで、星空撮影にももってこいのカメラですが、Nikon1 J5は「1インチ」という画像サイズのため、どこまで写せるか・・・また、私は星空撮影は初めてで、しかも誰からもレクチャーされていないので、いろいろ調べ尽くして設定などを頭に叩き込んで臨みました。

かなりノイズが出ていますが、流星🌠もはっきりと見える辺りは山頂ならではですね。
それではあまり褒められたものではございませんが、ハレアカラの星空をご覧ください。



続くを読む
(さらに…)

error: © GrandeFlight