管理人のカメラ機材《2021年~》

ミラーレス一眼:
フルサイズミラーレス① Nikon Z7Ⅱ
主に、スチール撮影用の機材として運用しています。業務運用機材。

フルサイズミラーレス② Nikon Z6
主に動画撮影用の機材として運用しています。業務運用機材。
RAW動画出力機能を有償設定し、ATOMOS NINJYA Ⅴなどとともに運用しています。

アクションカメラ GoPro HERO9
主に業務記録動画撮影の際に運用しています。

交換レンズ:
Zマウント シリーズ
NIKKOR Z 24-70mm f/4S  標準ズームレンズ (ニッパチに劣らぬ高画質を実現。携行性を考えると、しばらくはメインのスチール用)
NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR-S 望遠ズームレンズ (Zシリーズ大三元 望遠レンズ。これさえあれば飛行機撮影はもちろんのこと、人物撮影などの際にも重宝します。スチール用)
NIKKOR Z 35mm f/1.8S 単焦点レンズ (動画撮影のメインレンズ。購入当初は単焦点で一番最軽量でジンバル運用を考えてのチョイス。)
NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR-S 単焦点中望遠マクロレンズ (待望のNikonマイクロレンズ 2.8通しで13~14万円台はある意味破格。これまで中望遠レンズと縁がなかったこともあり、お気に入りに一本。この一本での飛行機撮影もこなせそう!)
NIKKOR Z MC 50mm f/2.8 単焦点マクロレンズ (SラインとなるMC105mm に比べると、やや人気はないもののスナップやポートレート撮影、そして動画撮影にも重宝しています。隠れた名玉!どこのショップでの評価も高いです。)

※今後導入予定のレンズ
NIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition) 単焦点広角レンズ (MOZA MINI-P での運用時に軽量化を考慮しつつ、広角単焦点としてチョイス。でも発売はまだまだ先のよう・・・。)

三脚:
ビデオ三脚 マンフロット MVT502AM & Manfrotto ビデオ雲台60mmフラットベース MVH500AH
カーボン三脚 SIRUI T-2204X ※現在はT-2205Xがラインナップされています。
カーボン一脚 INNOREL VM70CK & F60ビデオ雲台

ジンバル:
MOZA Aircross 2 ジンバル運用の際は、ほぼこの機材がメイン。D850クラスの機材でも十分に運用できます。
MOZA MINI-P AirCross2を使用する本格運用でない場合の機材。携行性重視の際は重宝しています。
INKEE Falcon アクションカメラ専用3軸ジンバル Goproにはジンバルが必要でないほどの手振れ補正機能があるものの、やはりジンバルを使用すると、きれいな(ヌルヌル、笑)映像を撮ることができます。
DJI OSMO MOBILE 3 iPhone12Mini のジンバル運用の際の機材。iPhoneとの親和性は抜群。

マイク・録音機材:
TASCAM リニアPCMレコーダー DR-60DMKII ピアノ演奏会の業務の際の機材。これでも十分な音質で録音できます。
RODE コンデンサーペアマイクM5MP ピアノ演奏会の業務の際の機材。DR-60DMKIIとともに運用しています。
Hollyland Lark 150 ワイヤレスマイク

モニター・外部録画機材:
ATOMOS NINJA V RAW外部出力機能が付与されたNikon Z6 の外部録画機材として運用しています。

編集ソフトなど:
Adobe PremierePro
Adobe Lightroom
Adobe Photoshop
VEGAS Pro 18
Canva


管理人の過去のカメラ機材《2018~2021年》

デジタル一眼レフ:
Nikon デジタル一眼レフカメラ D850